GoogleのDrive File StreamでMacBook Proのディスク容量がいっぱい問題を解決した

僕は内蔵ストレージが512GBのMacBook Proをメインに使っているんですけど、長く使っていると出てくる悩みが内蔵ストレージ圧迫しすぎてどうしようもない問題。

物理的に解決する方法として複数の外付けSSD / HDDをサクッと接続するやつだったり小さい外付けSSDを導入してみましたが

  • 据え置き型は作業部屋以外では使えない
  • ケーブルを繋げるのが面倒
  • 機動性に欠ける

という欠点があるので物理的な解決法は一旦あきらめて、以前から気になっていた容量無制限・同期不要のストリーミング形式で使える Google のクラウドストレージ Drive File Stream を使ってみました。

結論からいうと、俺はこういうのを探していたんだよ!ってなったのでもっと早く試してみればよかったです。

Drive File Streamとは

あまり聞き慣れないサービスだと思うので一応説明しておくと、Google の企業向けサービスである G Suite を契約すると使えるクラウドストレージ。

簡単に言うと無料版 Google ドライブの上位互換

で、G Suiteには以下のようなプランがあります。

  • G Suite Basic(月額680円)
  • G Suite Business(月額1360円)
  • G Suite Enterprise(月額3000円)

どのプランも Drive File Stream の使い勝手は一緒なんですが、G Suite Basic だと Drive File Stream のストレージが30GBなので僕は容量無制限になる G Suite Businessを契約しました。

ドライブファイルストリームのいいところ

Drive File Stream の特徴をざっと挙げると

  • 容量は無制限
  • ファイルをローカル(内蔵ストレージ)に置いておく必要がない
  • 同期が不要
  • ネット環境があれば外付けのストレージを常時接続しているように使える
  • 一般的なクラウドストレージのように任意のファイルやフォルダをローカルと同期する事も可能
    • オフラインで使いたいファイルやフォルダは事前に同期しておけばオフラインでも問題なし

というようなことが出来るのでローカルのストレージを圧迫することなく無制限のクラウドストレージが常時接続されているみたいな環境をつくれてしまうのです。やばくないですか。

同期が不要なのでローカル(内蔵ストレージ)を圧迫しない

Drive file stream 004Drive File Streamはクラウドに100GBのデータを保存してもローカルの内蔵ストレージの容量を消費しません。

クラウドに保存したファイルを使用する場合は、そのファイルだけをストリーミングして閲覧したり編集したりすることができるので使いたいデータを使いたいときにだけストリーミングで使うことができます。

容量が無制限

Drive file stream 003G SuiteのBusinessプラン(月額1360円)を契約することでDrive File Streamの容量が無制限になります。年間で考えると1万6320円。

年間1万6000円強の無制限クラウドストレージを高いととるか安いととるかは使用用途や運用方法によって大きく変わりそうですが、僕はまぁアリかなと思って今の所使っています。

ネット環境があれば外付けのストレージを常時接続しているように使える

Drive File Streamをインストールするとローカルに「Google Drive」フォルダが作成されローカルのドライブのような感覚で扱うことができます。

もちろんクラウド上に保存しているデータを全て表示することができるので、ネット環境があれば容量無制限の外付けストレージを常時接続している感覚で扱えるのでもうこれが最強。

オフライン対策として任意のファイルやフォルダをローカルと同期する事も可能

Drive file stream 002ネット環境がなくても一般的なクラウドストレージと同様に、任意のファイルやフォルダをローカルにダウンロードしてオフライン環境でも使用することが可能なので

  • 使用頻度が高いファイル
  • オフライン環境で使用するファイル

などは、事前にオフラインで使用可能にすることで解決します。

最悪、スマホでテザリングすればいいので多分どうにでもなるんじゃないかな。

Drive File Streamのいまいちなところ

Drive File Streamのいまいちなところは1つだけ。

ラグがある

データを都度ストリーミングするので表示するまでにラグがあったりします。個人的には許容範囲なんですが

  • 回線が遅かったり
  • 大容量のファイルを扱う

みたいな状況だと、ラグが顕著になるのでビジネスで使う場合は事前にダウンロードしておくなり、外付けSSDに移しておくなりの対策も必要になりそうです。

まとめ:Drive File Streamすごい

というわけで Drive File Stream めっちゃいいです。

Apple MusicやSpotifyなど音楽ストリーミングサービスと同じように、データの本体は手元になくてもネット環境があれば好きなときに好きなだけデータを持ち運んで使うことができるので致命的な仕様変更がない限りずっと使っていくことになりそうです。

G Suite: コラボレーションと生産性向上のためのビジネス用アプリ

2019年に買ってよかったもの25選

超小さくて超軽いSanDiskのエクストリームポータブルSSDのレビュー

複数のHDD/SSDを同時に外付け化できるWavlink HDDスタンドを購入したのでレビュー

コメントを残す